シリコンバッグ挿入の豊胸手術に失敗した

左右差の原因がわかった

数年前にシリコンバッグを使った豊胸手術をおこないました左右差の原因がわかった安心して手術を受けられるクリニックを選ぶことが大切

すると、そこで初めて左右差の原因が、シリコンバッグの挿入位置の問題であるということが分かりました。
カウンセリングも最初のクリニックとは比べ物にならないぐらい丁寧に行い、こちらの期待している仕上がりの状態や、現状の不満点なども丁寧に聞いてくれました。
さらにそこから、現状の問題点の説明をしてくれて、改善するための方法やリスクなども丁寧に説明してくれて、豊胸手術についてのメリット・デメリットも丁寧に説明してくれて、手術前の不安や疑問は全て解決できた状態で手術を迎えることが出来ました。
修正手術を行った後には、左右差もなくなり、最初の手術酔いもはるかにきれいな状態になりました。
バストの形も希望している状態になったので大満足の仕上がりとなりました。
さらに、修正手術後のダウンタイムは最初の手術よりも痛みや腫れが少なく、さらに腫れがひくのが非常に早かったのが印象的でした。
マッサージはやはり必要ですが、痛みが少なくなったので、マッサージ自体も苦にならずに行えています。